〜季節のコラム〜
                毎月発行の糸をかし通信より季節の話題をお届けします。


おせち料理のいわれ

そういえば、
お正月って何でしょう…?
お正月は年神様をお迎えし、おまつりする行事です。
おせち料理を作りおきするのは、お正月に女性を休養させるためと言われますが、年神様がいらっしゃる間に煮炊きすることを慎む、ということに由来しています。



数の子

たくさんの卵がつまっているというところから子孫繁栄多産への願い。



鯛(たい)

「めでたい」鯛は、おめでたい魚として、七福神の恵比寿様が抱えていることでも有名。



黒豆

マメ(健康)に暮らせるようにとか、まめまめしく働くように、との願い。
地方によって、ふっくら炊くところとシワシワになるまでマメに働けるようにとの願いからわざと固くシワシワに炊くところがあるようです。


紅白なます

お祝いの水引をかたどったもの。


田作り

江戸時代の高級肥料として片口いわしが使われたことから豊年満作祈願。


里芋

1本の苗からたくさんの芋が収穫できるというところから子孫繁栄多産への願い。


昆布

「喜ぶ」のこぶ。また、昆布は「ひろめ」とも言われたので、世間に名が広まるという立身出世への願い。


海老

ヒゲが伸び、腰がまがっているところを老人に見立てて、長寿への願い。


栗きんとん

黄金色に輝く財宝にたとえて、豊かな1年であるようにという願いが込められています。


このように、おせち料理は無病息災と子孫繁栄の願いを食べ物の形や名前の語呂合わせしています。
今年は、家族で「おせち料理」を囲んでお料理の由来を楽しんでみてはいかがでしょう?

 

 TOP  注文の方法  返品の方法  ラッピング  お問合わせ 

Copyright(c) 2003. itookashi All Right Reserved    

”私のお気に入りのきものstyle”を応援するオンラインショッピング
きもの専門店「糸をかし」 http://www.itookashi.com

簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結びゆかた着付けゆかた着付けゆかた着付けゆかた着付けゆかた着付けゆかた着付けゆかた着付けゆかた着付けゆかた着付けゆかた着付けゆかたの着付けゆかたの着付けゆかたの着付けゆかたの着付けゆかたの着付けゆかたの着付けゆかたの着付けゆかたの着付けゆかたの着付けゆかたの着付け