〜季節のコラム〜
                毎月発行の糸をかし通信より季節の話題をお届けします。


節分のあれこれ

節分は各季節の始まりの日(立春、立夏、立秋、立冬)の前日のこと。
文字通り「季節を分ける」日。

特に、立春の前日(2月3日頃)のことをいう場合が多い。

季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられ、それを追い払うための行事が行われます。



豆撒

豆撒きに使う豆は、必ず煎り豆を使うということです。
万一、生豆を使って、拾い忘れたものから芽が出ると、よくないことがあると言われています。

近年「下に落ちた豆を食べるなんて汚い」と言って、大豆ではなくピーナツを使う地方も増えています。


掛け声のいろいろ

京都府
福知山 大原神社
「鬼は内、福は外」
千葉県
成田山新勝寺
「福は内」
奈良県
蔵王寺
「福は内、鬼も内」
埼玉県
鬼鎮神社
「福は内、鬼は内、悪鬼は外」

このほか、「鬼」の字のつく姓の家では「鬼は内」の掛け声が多いとのことです。



鰯(いわし)と柊(ひいらぎ)

鰯の頭はその悪臭で、柊の葉はそのとがったところで鬼を追い払うから、邪気が家に入るのを防ぐと言われています。



恵方巻

江戸時代末期から大阪・船場の商人によって始まりました。

戦後一旦廃れましたが、1977年大阪海苔問屋共同組合が道頓堀で海苔の販売促進行事として復活させました。

現在ではコンビニが全国販売を大々的に開始。
国民的習慣となりつつあります。

ここでちょっとお勉強。
恵方巻とは、節分に食べる太巻きの事。商売繁盛、無病息災、願い事が叶う、その年必ず幸運が訪れる、厄落とし等の意味を持つ。
節分の夜にその年の恵方(歳徳神の在する方位)に向かって、目を閉じて願い事を思い浮かべながら太巻きを無言でまるかじりするのが習わしとされる。
七福神に因んで、かんぴょう、キュウリ、シイタケ、伊達巻、うなぎ、でんぶ等七種類の具を入れて、福を食べるという意味合いもあるらしい。「福を巻き込む」という説明もある。
ということなんだそうです。


恵方巻って商業ベースに乗っかって、バレンタインデーのような感じなのですね。
でも、節分の夜、大豆と鰯じゃさびしいから恵方巻きも節分の夕食メニューに加えましょう^^

 TOP  注文の方法  返品の方法  ラッピング  お問合わせ 

Copyright(c) 2003. itookashi All Right Reserved    

”私のお気に入りのきものstyle”を応援するオンラインショッピング
きもの専門店「糸をかし」 http://www.itookashi.com

簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結びゆかた着付けゆかた着付けゆかた着付けゆかた着付けゆかた着付けゆかた着付けゆかた着付けゆかた着付けゆかた着付けゆかた着付けゆかたの着付けゆかたの着付けゆかたの着付けゆかたの着付けゆかたの着付けゆかたの着付けゆかたの着付けゆかたの着付けゆかたの着付けゆかたの着付け