〜季節のコラム〜
                毎月発行の糸をかし通信より季節の話題をお届けします。


雛祭りは桃の節句

♪明かりをつけましょ、ぼんぼりに〜
お花をあげましょ、桃の花〜♪

雛祭りは女の子の健やかな成長を祈る年中行事として、旧暦の3月の節句(現在の4月頃)に行われていました。
3月には桃の花なんて咲かないよって思っていたら、やっぱり日本の伝統行事は旧暦なん ですね。納得!



「桃の節句」は五節句のひとつ

五節句(ごせっく)の「節」は季節の変わり目のことです。
季節の植物から生命力をもらい邪気を祓うという目的で始まりました。
宮中で宴会が催され、「節句」といわれるようになりました。

節 句
日にち
行 事
人日(じんじつ)の節句
1月7日
七草の節句
七草粥をいただいて邪気を祓うお正月の七草。
上巳(じょうし)の節句
3月3日
桃の節句雛祭り草餅の節句ともいうのだとか。
桃花酒(白酒)をいただきます。
元はは川で禊ぎをして汚れを祓ったようです。身代わりに人形に汚れを移して川や海に流すとう風習が残っていますね。
江戸時代以降は、雛祭りとして定着、女の子の節句となる。
端午(たんご)の節句
5月5日

菖蒲(しょうぶ)の節句
薬草摘みを行い、摘んだ蓬や菖蒲を門口に飾ったのだそうです。菖蒲(ショウブ)が「尚武」に通じると、庶民にも浸透し立身出世を願い幟や兜飾りを行うようになりました。ゆえに男の子の節句となる。
ちなみに柏餅は日本古来の祝い餅で、柏の葉の新芽の出ないうちは葉が落ちないという特徴から「子孫繁栄」につながります。
ちまきの方は中国古来の祝い餅です。

七夕(しちせき)の節句
7月7日
笹の節句。たなばた。
オリヒメとヒコボシの星祭伝説が元になりました。
重陽(ちょうよう)の節句
9月9日
この日は菊の花を飾り、邪気をはらい長寿を祈る風習が中国にあり、これが日本に伝わったもの。
宮中では「観菊の宴」を開き長寿祝う節句の中でもっとも公的な性格が強いもの。民間にはさほど定着していないですね。





飾物(おそなえ)の意味

桃の花
厄除け。鬼門除けに桃の木を植えるなど、古来から桃の香気が邪気を祓うといわれています。
白酒
元は体から邪気を祓うために白酒の中に桃の花を入れて飲んだそうです。
草餅
よもぎの香気が邪気を祓うといわれます。
菱餅・ひなおられ
菱餅の菱形は人の心臓を象って、健康への祈りをあらわします。
桃色=生命、白色=雪の大地、緑色=木々の芽吹きを示す3色のお菓子を食する事で自然のエネルギーを授かります。


そのほかに、雛祭りといえば定番のちらし寿司と蛤の潮汁。
蛤は 女の子の美徳と貞節を意味する定番ですね。
じゃあ、ちらし寿司は…?
雛祭りのちらし寿司の由来、ご存知の方いませんか〜




右、左、どっち?

お雛さまは、天皇さまを模しています。
日本では「左」が上位だったので、左が男雛、右が女雛。
京都では今でも「古式」です。
ところが、文明開化で大正天皇が西洋式に右(向かって左)に立ったことから、東京では反対にする場合が多い。
また、「左近の桜、右近の橘」というけれど、天皇さまが見て右、左なので飾るときには逆になります。
ちなみに御所に植えてある桜、橘の左右も一緒です。
加えて左大臣(髭のある年配の方)も天皇(お内裏様)さまから見て左側です。



お雛祭りが終わったらお雛様はすぐに片付けないと行き遅れる…なんていいますね。

「早く片づけないとよくないことが起こる」という考えには理由があります。
雛人形のルーツは、人形に身の穢れを移してこれを流し汚れを払ったということです。本来穢れを移し、これを流すことによって穢れを祓い、わざわいを遠ざけたのですから、その人形をいつまでも飾っておくことは、穢れと禍をいつまでも身近におくのと同じです。
それで早くしまわなければならないと考えられたわけです。

でも、1年1回のお雛さま、長く楽しみたいときは旧暦の雛祭りまで飾っても大丈夫なんじゃない、かな?


 TOP  注文の方法  返品の方法  ラッピング  お問合わせ 

Copyright(c) 2003. itookashi All Right Reserved    

”私のお気に入りのきものstyle”を応援するオンラインショッピング
きもの専門店「糸をかし」 http://www.itookashi.com

簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結びゆかた着付けゆかた着付けゆかた着付けゆかた着付けゆかた着付けゆかた着付けゆかた着付けゆかた着付けゆかた着付けゆかた着付けゆかたの着付けゆかたの着付けゆかたの着付けゆかたの着付けゆかたの着付けゆかたの着付けゆかたの着付けゆかたの着付けゆかたの着付けゆかたの着付け