ひとりで着れるもん!  〜 帯結び講座 〜

 簡単な帯結び T  《 文庫結び 》

すべての基本になる帯結びなので、しっかりマスターしましょう!
オーソドックスで、体型や柄を選びません。

【1】
1.テの長さを決める。右手で半幅帯の端を持ち、外表にしてわが下になるよう、40cm〜50cmくらいまで幅を半分に折る。これがテの長さで右手で持っているのがテ先、残りの先がタレとタレ先になる。
【2】
2.テの長さを前中央にあててその先を自然に広げ、体に沿わせて一巻きする。ここできつく締めすぎると回しにくくなるので注意する。


【3】
3.テは上に出しておき、二巻き目も同様に締める。右わきから、下の部分を斜め内側に折り上げ、半分の幅にして、前中央でテを上にして重ねる。


   
【4】
4.テをタレの下から右上へ引き抜き、ギュッとしっかり結ぶ。帯の上にくるよう、高い位置で。ここまではほとんどの帯結びに共通なので、しっかり覚えて。
【5】
5.テ先を右肩にかけておき、タレで羽根を作る。タレ先から約45cmの幅を取る。これが羽根の幅になる。

【6】
6.外表になるよう、5の幅でタレ先からくるくると巻くようにしてたたむ。


 
   
【7】
7.結び目の近くまでしっかりと押さえ、羽根の中央で谷折りにする。
【8】
8.さらに上下をそれぞれ山折りにし、二つ山のヒダを作る。
【9】
9.ヒダがくずれないように左手でしっかり押さえながら結び目の上に垂直にのせ、羽根中央にテを上からかぶせる。
 
   
【10】
10.羽根と結び目をくるむようにしてテを下から上へ通し、引き抜く。


【11】
11.羽根の中央がゆるまないよう、テを引き上げてギュッと締める。テが長く残っていたらもう一度くり返す。

【12】
12.またテをかぶせ、今度は残りを胴回りの帯の中に入れて下に引く。テ先が余ったら折り上げて帯の中に入れ、隠す。
 
   
【13】
13.羽根を整え、右手で上から結び目を、左手で帯の左下を持ち、おなかをひっこめて右方向へ回す。逆へ回すとえりが乱れるので注意。
【14】
14.羽根が背中心にくれば完成。帯板が動いてしまったら前に戻し、ゆかたのシワやえりの乱れがないか確認して。

   


 TOP  注文の方法  返品の方法  ラッピング  お問合わせ 
簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び

Copyright(c) 2003. itookashi All Right Reserved    

”私のお気に入りのきものstyle”を応援するオンラインショッピング
きもの専門店「糸をかし」 http://www.itookashi.com