ひとりで着れるもん!  〜 帯結び講座 〜

 兵児帯にチャレンジ T  《 兵児帯で花文庫 》

幅の広い兵児帯で結ぶと、半幅帯で結ぶ時よりも、ボリュームがアップして、可愛くなります。
基本の結び方は、同じなので兵児帯でも簡単に結べる入門編です。


【1】
1.テの長さを決める。左手で帯の端を持ち、外表にして"輪"が下になるよう、40cm〜50cmくらいの部分で位置を決めて、胴に1回巻く。

【2】
2.帯の上の方で1回結ぶ。
(テの部分は画面の左側) タレの部分(長い方) を体の前で幅を広げる。

【3】
3.自分の肩幅より広いくらいで、表・裏とジャバラに折って、左右2枚ずつ羽を作る 。
   
【4】
4.自分の体の幅に合わせて、小さい方の羽(写真の手で持っている部分)と、少し幅を広くして、下になる2枚目の羽を取っておく。
※ただ、帯の長さ、ウエストによって個人差が出ます、あしからず…。
【5】
5.作った羽の真ん中部分をつまんで、山・谷折をして、ひだをつくる。
※半幅帯の文庫結びの2倍のひだを取ることになります。写真の場合は山が真ん中に2つできています。
【6】
6.5で作ったひだの部分をしっかり持って、テ(短い方)を上からかけて、まく。
 
   
【7】
7.一番最初に結んだときの、結び目と、5で作ったヒダをくるんで、結び目の下を通す。
【8】
8.テは引き抜いて、羽根の中央がゆるまないよう、ギュッと締める。テが長く残っていたらもう一度くり返す。
【9】
9.テ先が余ったら折り上げて帯の中に入れ、隠す。
※帯枕のかわりになって、帯が下がらないようになります
 
   
【10】
10.一文字に向いている羽根を、下へ下げて、丸みを持たせる
【11】
11.帯の形が整ったら、衿のあわせと同じ向きに回して、背中へ持っていく。
※衿あわせの向きとは、上の写真で言うと、左←右へまわすこと。衿が乱れません
【12】
12.羽根が背中心にくれば完成。帯板が動いてしまったら前に戻し、ゆかたのシワやえりの乱れがないか確認する。
 


 TOP  注文の方法  返品の方法  ラッピング  お問合わせ 

Copyright(c) 2003. itookashi All Right Reserved    

”私のお気に入りのきものstyle”を応援するオンラインショッピング
きもの専門店「糸をかし」 http://www.itookashi.com