〜 キレイで楽、着崩れなし 山本流 着付けのヒミツ!! 〜

 《 次は 着物を着よう 》  長襦袢をきれいに着れば、着付けは半分成功したも同然です (*^^)v

 

 

【準備】

準備.長襦袢をきちんと着られたら、失敗は少ないです。 着物を重ねるように着ていきます。 腰ひも・伊達締めなど、着付けの道具は手に取りやすい場所にかけておく。

【1】

1.両襟先から10センチくらいのところを左右の手で持ち、いったん思い切り上げてから、後ろ裾すれすれのところまで下ろし、着物を前に引っ張り、お尻にピッタリとつける。

【2】

2.背縫いは背中の中心にくる

【3】
4.上前の幅を決めます。右脇までもっていって、余分は下前に引きます。裾の高さを保つように気をつける。
【4】
4.3の位置をずらさないように下前を左わきに持っていく。余分羽織返す。下前の裾は15センチくらい上げる。
【5】
5.下前を左ひじで押さえながら、上前をきっちり重ねる。つま先を7〜8センチ上げる。

【6

6.前の合わせがずれないように右手で押さえ、左手で腰ひもを取ってウエストの位置の衿付けに当てて真横に持っていく。

【7】

6.紐を握るようにして巻きつけ、後ろで交差させ、脇でギュッと締める。

   
【8】

7.右わきで結ぶ。真中は胃の上になるので、左右どちらかに偏るところに結ぶこと。

【9】

8.重ねた時に下になった紐を上から巻き込む。伊達〆は後ろで重ならないように上下に巻きつけ、手を持ち替えて左右に引く。

【10】
9.指で挟んでいる結び目までぐいっと引き寄せる。
【11】
10.交差して巻きつけたひもの間に挟み込む。

 

 

【12】
12.両手を身八つ口から後ろに入れてのひらを広げてトントンと下に落とし、おはしょりを整える。
【13】

13.左の身八つ口から手を入れて下前を整えながら引き、右手で上前の衿を引いて衿元を決める。

 

【14】
14.左右の手を少しずつ下げながら引いて胸元を整える。

【15

15.1回からげて、引き締める。
 
 
【8】
7.伊達〆は左右同じ長さになるように持って、前の位置を決める。
【9】

8.伊達〆は後ろで重ならないように上下に巻きつけ、手を持ち替えて左右に引く。

 

【10】
9.交差して下になった方を折り上げる。こうするとシワを寄せずに巻くことができる。

【11】
10.1回からげて、引き締める。
 
【8】
7.伊達〆は左右同じ長さになるように持って、前の位置を決める。
【9】

8.伊達〆は後ろで重ならないように上下に巻きつけ、手を持ち替えて左右に引く。

 

【10】
9.交差して下になった方を折り上げる。こうするとシワを寄せずに巻くことができる。

【11】
10.1回からげて、引き締める。
       
 

 

 

 


 TOP  注文の方法  返品の方法  ラッピング  お問合わせ 

Copyright(c) 2003. itookashi All Right Reserved    

”私のお気に入りのきものstyle”を応援するオンラインショッピング
きもの専門店「糸をかし」 http://www.itookashi.com

簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結びゆかた着付けゆかた着付けゆかた着付けゆかた着付けゆかた着付けゆかた着付けゆかた着付けゆかた着付けゆかた着付けゆかた着付けゆかたの着付けゆかたの着付けゆかたの着付けゆかたの着付けゆかたの着付けゆかたの着付けゆかたの着付けゆかたの着付けゆかたの着付けゆかたの着付け