〜 キレイで楽、着崩れなし 山本流 着付けの極意!! 〜

 《 長襦袢を着よう 》  長襦袢をきれいに着れば、着付けは半分成功したも同然です (*^^)v

 

 

【準備】

準備.足袋をはいてから、肌着を着ます。首の後ろから肌着が見えないように背中を十分に引っ張っておきます。紐がある時は、左右どちらかに結びます。補正が必要な方は補正をした方がきれいに着られます。

【1】

1.左右の襟元を片手でつかみ、もう一方の手で後ろの短冊を引っ張り、衛門を抜く。

【2】

2.衣紋の抜き加減は振袖・留袖訪問着の場合はタテ向きにこぶし一つ分、小紋や紬は横向きにこぶし一つが目安です。

【3】
4.アンダーバストくらいの位置で下前を持って襟合わせを調節する。
【4】
4.すそ合わせは上前(左側)から決める。左右の手でそれぞれのえり先から10cmくらいのところを持って開き、右脚が隠れるよう、上前を右わきで持っていく。このとき背中側のすそが下がりやすいので気をつけて。
【5】
5.上前を広げ、下前(右側)を決める。つま先がすそから8〜10cm上がるようにして左わきに持っていく。身幅が余ったら、後ろへ巻き込まず、前に折り返しておくと歩きやすい。

【6】
6.4で決めた位置に上前を重ねる。つま先は2〜3cm上げる。右手でしっかり押さえ、腰ひもをしっかり結ぶために、左手でウエスト周りの余分をたくし上げておく。

 
   
【7】
7.伊達〆は左右同じ長さになるように持って、前の位置を決める。
【8】

8.伊達〆は後ろで重ならないように上下に巻きつけ、手を持ち替えて左右に引く。

 

【9】
9.交差して下になった方を折り上げる。こうするとシワを寄せずに巻くことができる。

【10】
10.1回からげて、引き締める。
   
【11】
11.先を交差させて、挟み込む。

【 仕上がり-前 】
襟元の重なり方をチェックする。
のどのくぼみから1センチくらい下に来る陽にするのがきれい。

【 仕上がり 後ろ 】
衣紋がこぶし1つくらい抜けているか、裾つぼまりのシルエットになっているかを確認する

 

   

次は着物の着方へ

     

 TOP  注文の方法  返品の方法  ラッピング  お問合わせ 

Copyright(c) 2003. itookashi All Right Reserved    

”私のお気に入りのきものstyle”を応援するオンラインショッピング
きもの専門店「糸をかし」 http://www.itookashi.com

簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結びゆかた着付けゆかた着付けゆかた着付けゆかた着付けゆかた着付けゆかた着付けゆかた着付けゆかた着付けゆかた着付けゆかた着付けゆかたの着付けゆかたの着付けゆかたの着付けゆかたの着付けゆかたの着付けゆかたの着付けゆかたの着付けゆかたの着付けゆかたの着付けゆかたの着付け