ひとりで着れるもん!  〜 着付け講座 〜


 《 簡単に着られるゆかたの着付け 》


ゆかたの着付けは本当はとっても簡単だから、 初めてでも大丈夫!
本番であせらないように前日までに練習してみましょう。

【1】
1.肌着をつけ、ウエストを補正する。タオルの場合は幅を半折りにしてウエストの細い部分に巻き、ひもで結んで端をからげる。結び目は左右どちらかに寄せるとよい。
【2】
2.背筋を伸ばしてきちんと立ち、ゆかたをはおる。前正面で左右の共えりを合わせて右手で持ち、左手で背中心をつまんで、前後に軽く引きながら背縫いを中心に合わせる。
【3】
3.着丈を決める。くるぶしくらいまで両手でそのまま持ち上げる。右手はぐっと前に引き、背中心がずれないよう、背中にぴったりとつけておく。

 

 
【4】
4.すそ合わせは上前(左側)から決める。左右の手でそれぞれのえり先から10cmくらいのところを持って開き、右脚が隠れるよう、上前を右わきで持っていく。このとき背中側のすそが下がりやすいので気をつけて。
【5】
5.上前を広げ、下前(右側)を決める。つま先がすそから8〜10cm上がるようにして左わきに持っていく。身幅が余ったら、後ろへ巻き込まず、前に折り返しておくと歩きやすい。

【6】
6.4で決めた位置に上前を重ねる。つま先は2〜3cm上げる。右手でしっかり押さえ、腰ひもをしっかり結ぶために、左手でウエスト周りの余分をたくし上げておく。

 
   
【10】
10.両方の身八つ口から手を入れ、手を後ろへ回す。手を動かして後ろのおはしょりを整える。



【11】
11.手を前に回し、トントンと上下に動かして前のおはしょりを重ねる。左手で下前のえりを持ち、右手は外に出して上前のえりを持ち、左右に引いてのどのくぼみが隠れるように整える。

【12】
12.着物ベルトを肩幅くらいにし、左の身八つ口から下前のえりを引き出して一方でとめる。位置はウエストよりやや高めくらいで。ベルトがなければこの位置で胸ひもを締めるが、その場合は少しゆるめに結んでおかないと苦しくなる。
 
   
【13】
13.着物ベルトは背中を回し、もう一方で上前のえりをとめる。ベルトはゆるめにしておく。

【14】
14.身八つ口に両手の親指を入れて左右に引き、シワを取る。えりを整え、おはしょりの背縫い部分を少し下に引き、衣紋を抜く。
【15】
15.仕上げに伊達締めをする。帯位置の中央になるよう高さを決め、前中心をあてる。

 
   
【16】
16.後ろで交差させ、前に戻して結び、端をからげる。ごろつくのが嫌な場合は、結び目ごと引き上げて伊達締めの内側に入れてもよい。

【17】
17.着付け完了。着丈やえりのあき、シワが寄っていないかなどをチェックし、帯結びの前に帯板をつけ、ひもを後ろで結んでおく(ひもなしの場合は帯結びの途中で内側にはさめばよい)。
   
 

 TOP  注文の方法  返品の方法  ラッピング  お問合わせ 

Copyright(c) 2003. itookashi All Right Reserved    

”私のお気に入りのきものstyle”を応援するオンラインショッピング
きもの専門店「糸をかし」 http://www.itookashi.com

簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結び簡単な帯結びゆかた着付けゆかた着付けゆかた着付けゆかた着付けゆかた着付けゆかた着付けゆかた着付けゆかた着付けゆかた着付けゆかた着付けゆかたの着付けゆかたの着付けゆかたの着付けゆかたの着付けゆかたの着付けゆかたの着付けゆかたの着付けゆかたの着付けゆかたの着付けゆかたの着付け